絶対避けたほうがよいマンションと選び方

家の模型

絶対避けたほうがよいマンションと選び方

東京から京都へ転勤して初めての一人暮らしをワンルームマンションで行うことになりました。物件は京都の事務所の総務のおじさんが車を出してくれて、彼の紹介でいくつかの不動産会社を回り、そこで紹介された中から1軒を選びました。
これがそもそもの間違いでした。
こちらも会社のおじさんが付いてきてくれる、というのに恐縮して、物件をいくつも探すことがためらわれ、適当なところで妥協してしまった、というのが失敗の要因です。
やはり一人暮らしをする場合(家族の場合もそうですが)、物件はできる限りたくさんを見て、そして1つの物件も昼と夜それぞれ時間を変えて見に行く、というのが基本です。
それなのに、私は3~4件の物件を、昼間だけの内覧で、一緒に行った人に気を使いながら決めてしまったのです。
失敗だと思った理由は、いくつかあります。
まず日照が悪い。行った日が昼の曇りの日だったので、日あたりまでは確認できませんでしたが、実際住んでみると、ほとんど日が当たりませんでした。
そして、壁が薄い。これは昼に行った時に壁を叩くこともしませんでしたし、また実際に住んでみて夜になると、隣の住人が帰宅して、そのあと立てる物音が筒抜けだということが、初めて分かったのです。
私は結構音には敏感なタイプなので、(それも一人暮らしをして初めて自覚したのですが)、これは堪えました。
このマンションは我慢に我慢を重ねた末に3年で出ましたが、2回目以降はこれを貴重な教訓にして、住まい選びを慎重にするようになりました。




一戸建てなのか、賃貸なのか、分譲なのか


私達の家族が京都に移り住んできて早や8年になります。
元々、転勤族の為に分譲マンションや一戸建てを購入することもなく賃貸マンションを渡り歩いている感じです。
もはや家を購入することはないと思いますね。
よく言われるのが、賃貸を借り続ける方がいいのか戸建てもしくは分譲マンションを購入する方がいいのかと言うことです。
老後を考えたなら、やはり自分の家を持ちたいという願いはありました。
しかし、一生の中でローンを完済できるまでの年月と金利を考えたなら、賃貸のままでいいかもしれないというえも出てきたのです。
恐らく子供が成長して独立していった時は、住むのは自分と家内だけでしょう。
そうなると家族全員で住むような広さが果たして必要かどうかはわからないものです。
そうなると老後は二人だけで暮らせるような広さで充分だと考えました。
また、分譲マンションだと、長い目で見て共益費や改修費用の積み立てを考えると、これだけでも費用がかかってしまいます。
他に長い生活の中で部屋の補修等も発生するかもしれません。
そう考えると賃貸マンションで住んでいる方が意外と経済的でいいのかもしれません。
分譲マンションや戸建てを選ぶか賃貸マンションに住むかはそれぞれの生活スタイルや考え方で決めることが大事だと思います。

「防音と生活」その関係性に迫る



家での生活では防音室は今では必要不可欠と言えるでしょう。防音室の工事をすることによって、日々の生活を快適に過ごすことが出来ます。ここではアパートやマンションについて述べます。部屋での騒音は、大きく分けて2つあります。
一つ目には、隣の部屋から聞こえてくるものです。これが一番多い被害だと思います。スピーカーから流れてくる音楽や生活音など聞こえてくるとイライラしてしまいます。対処法としては、壁に本棚や家具などをおいて音を遮ることです。それでも聞こえてくる場合は防音壁や吸音する素材のものを壁に取り付けるとよいです。値段の方は安いものでは7000円から、高いものは50000円からとなっています。壁に釘を打てない部屋でも使えるものを売られています。
二つ目には、外から車や電車の走る音が聞こえてくるというものです。これは、事前に家の立地条件や道路の交通条件を調べるのが一番良いです。しかし、もうどうしようもない場合は窓に防音カーテンを付けるという方法があります。これによって、窓を通して聞こえてくる騒音をある程度は防ぐことができます。騒音はほとんどが空気中を振動して伝わってくる音です。そのため薄いガラスが音を通しています。音を遮るのによい方法は窓を二重にすることです。費用が高くついてしまいますがより良い効果が得られます。防音の対策をして生活を快適に過ごしましょう。

土浦の注文住宅はアルルホームズのお任せください!】
そろそろ家を建てたい、とお考えの方に朗報です!非常にお客様から好評をいただいている、アルルホームズがおすすめですよ!まずはモデルハウスの見学を行っていただき、そこからアドバイザーがしっかりと相談させていただきます!丁寧が取り柄でお客様のご要望をしっかり取り入れることができるのは、アルルホームズが安心ですよ!資金計画などしっかりをともに考えてくれるのでおすすめです!

トピックス

  • 鉛筆

    インテリアの趣味の違い

    "近々、家を建てる予定があるのですが、一つ困ったことがあるのです。それは家族の趣味がバラバラなこと。親夫婦と私夫婦と暮らすのですが、親たちは和風が好きと言い、私はフレンチナチュラルなインテリアが好きなのです。インテリアのカテゴリーが全…

    MORE

  • ペン

    アパートから一軒家へ引越した理由

    今は結婚して子供もいるので一軒家に住んでいますが、子供が生まれるまでは賃貸のアパートに住んでいました。やはり子供が生まれて大きくなるにつれて、アパートで住むのは色んな意味で無理な部分が出てきましたね。まず、一番無理だと…

    MORE

  • 紙の家

    住まいでどのような家具を持つか

    多くの人は、資金面などの理由で結婚後にすぐ分譲住宅を持つことは少ないです。しばらくは貯蓄に励みながら、賃貸物件に住むことが多いです。賃貸で一定期間過ぎて、予算の目処が経ってから分譲住宅に住む場合の家具に…

    MORE

  • 青い家

    満足している我が家について

    私は今現在住んでいる家に満足しています。ごく普通の一般的な一戸建てでそう広いというわけではありませんが、我が家の家族四人にはちょうど良い広さだと思っています。一応それぞれに自分専用の寝室があり、プライバシーはきちんと守られながらも家族…

    MORE

TOP